一宮に注文住宅を建てる時の手順や流れの解説

注文住宅を一宮市に土地を購入した上で建てるのは、人生において一生に一度あるかないかの重要な出来事です。住宅の建設では持ち主本人以外に、宅建業者、各種工事業者、金融機関、建築士など、たくさんの人々が関わります。そのため、住宅が完成して住み始めるまでの間にやらなければならないことはたくさんあります。子供の進学を機に引越しをしたいのであれば入学式の数日前までに、人事異動で勤務先が変更になった場合は、新しい仕事場の出社初日の少し前までに、といったように、住宅を購入しようとしている人の多くは、目標とする時期を決めてから準備にとりかかるでしょう。しかし、無計画にすすめてしまうと準備中にトラブルが起きても対応できず、予定通りに新居での生活を開始できない可能性があります。このため、居住用の土地と建物の購入準備は、事前にきちんと計画を立ててからはじめる必要がありますが、その前段階として入居するまでの一般的な流れを知ることは、計画づくりにおいて参考となるでしょう。

住宅の建築工事が始められるようになるまでの流れ

一宮に注文住宅を建てる場合、まずはそのための土地を確保しなければなりません。面積や地盤の状態、インフラの整備状況、周辺環境、交通の便などを調べながら、あらかじめ立てておいた予算の中で最適な物件を探します。自分自身で探すのが大変なのであれば、不動産業者に仲介を依頼するのも有効です。購入する土地が決まったら、次に住宅の建設工事を施工する業者を探します。パンフレットやホームページの施工事例の紹介を見たり、モデルハウスを見学するなどして、イメージ通りの住宅を建ててくれそうな業者を決め、敷地の調査と概算見積もりを出してもらいます。業者から提示された見積もりに納得がいけば仮契約を結び、設計と地盤調査を依頼します。この後、詳細な見積もりが提示され、その内容に納得すれば本契約(建築請負契約)を締結します。建築工事の施主となったら、検査機関に建築確認を申請し、並行して金融機関に申し込んで住宅ローンの審査を受けます。申し込んだ結果、いずれにも合格すれば、代金の支払いの目処もつき、住宅の建築工事も開始できるようになります。

施工が始まってから入居できるようになるまでの流れ

一宮の注文住宅の建設工事は、建築確認がとれ次第開始されます。その後は基本的に、施主は建物が完成するのを待つだけとなりますが、必要であれば工事を始める前に近隣の住民に挨拶をしたり、工事開始後は進捗状況を時折確認しに行きましょう。また、地鎮祭や上棟式を執り行う予定がある場合は、そのスケジュールも組んでおきましょう。やがて完成した住宅は、完了検査に合格すれば使用可能になるので、施工業者や設計士などと共に建物の内部をチェックし、問題のある部分は修繕をしてもらいます。そして、建物に問題がないと施主が判断すれば、後日金融機関に集まって、支払いが済んでいない代金の決済や、登記手続きの司法書士への委任などを済ませます。これらが終わり、玄関などの鍵を受け取れば引き渡しが完了となり、新居に物品を搬入できるようになります。