一宮で注文住宅を購入するときにかかる費用

自分やその家族が生活するための住宅を手に入れることは、今でも多くの人にとって人生における大きな目標となっています。その住宅を買う方法には大きく、予め建てられたものを買う方法と、建築士や建設会社に依頼をして建ててもらう方法の2つがありますが、居住者の要望が反映させられやすいことから、後者を選択する人も少なくありません。しかし、建売住宅を買う場合であっても、オーダーをして建ててもらう場合であっても、住宅を購入するには多額の資金を用意しなければならないことに変わりはありません。これは、一宮市に注文住宅を建てる場合においても例外ではありませんが、実際に購入資金を用意するにあたっては、購入に必要な費用にどんなものが含まれるのかをよく調べてから、調達方法を考えて実行に移す必要があるでしょう。

土地や建物の購入代金だけでなく諸費用も考慮にいれる必要がある

一宮市で注文住宅を買う際に必要となる費用として当然考えなければならないのは、土地の購入費用と住宅の建設費用です。しかし、ケースによっては、付帯工事も実施しなければならない可能性があり、仮にこの工事が必要となる場合はそのための費用も発生します。例えば、地盤が弱い土地の上に住宅を建てる場合は地盤改良工事が必要となり、実施にかかる費用は付帯工事費として計上することになります。しかし、住宅の購入資金を用意する際には、工事費用以外に必要となる費用のことも考慮にいれなければなりません。工事費以外にかかる費用はまとめて諸費用と呼ばれることがあります。諸費用に含まれるものには、住宅の設計費用、土地購入に関する仲介手数料、建築確認や中間検査、完了検査の申請料、住宅ローンに関する事務手数料、不動産登記申請を代行する司法書士に支払う報酬など、たくさんあります。諸費用は、現金で支払わなければならないものが多いので、あらかじめ土地と建物の購入費用の1割程度の現金を用意しておきましょう。

税金も住宅の購入資金の一部として考えよう

一宮市で注文住宅を手に入れるプロセスの中では様々な税金が発生しますが、これも購入資金の一部として考える必要があります。例えば、住宅が完成するまでに実施される工事の請負契約書や土地の売買契約書は、印紙税の課税対象となっています。また、所有権や抵当権に関する登記を行う際には登録免許税を納めなければなりませんが、これは代理人として登記申請をする司法書士に支払う費用の中に含めて考えるのが一般的です。住宅を購入する際にかかる税金の中には、一連の購入プロセスが完了してからしばらく経った後に納税しなければならないものもあります。それは、不動産取得税、固定資産税、都市計画税の3つで、いずれも固定資産税評価額をもとに税額が計算されます。これら3種類の税は、自分自身やその家族が住む目的で購入した住宅であれば、特例を適用して税額を減らすことができるので、購入資金はこの点も考慮に入れて準備をしましょう。